2017年05月26日

DVDが出るまで我慢

*こちらは普段は腐女のオタクブログですご注意。

※無限の住人ネタが増えてきた為カテゴリ分けしました。
映画の公開はもうすぐ終わりそうですけれどしばらくまだまだ萌ネタ吐き出すと思います。

毎度のことながらむげにん記事をだらだらと書いているとつくづく
自分はオタクだなぁと痛感します。
理由はなんとなくわかっているのです、自分の周りに萌え語り出来る相手がいないので
こうやって書き散らしているという。

そんなわけで今回珍しくニュースサイトや映画レビューサイト等に通って色々拝見させて頂いたのですけれど
見事に評価が真っ二つで。

いや自分でもこれは好みが別れるとは思っていましたけど。
今はネットが発達して口コミだレビューだで良くも悪くも情報がものっそい速さで流れてきます。凄い時代になりましたね。(しみじみ)


それで遠い昔に読んだ本で「言葉はタダだから使わないともったいない」というような内容の事を読んで
目から鱗の記憶を思い出していました。
噺家の先生の言葉だと思うのですが記憶が曖昧で苦しい。

多分、
「どうせただなのだからと黙っているなんてもったいないよ、
そして使うなら良い言葉を使うようにすると良いよ」みたいな事だったと思うのですが。
それ以来出来るだけ前向きな言葉を使うようにしています。

急にどうしたかって特にないのですけれど、あれです、


自分の萌には正直でありたいし
自分の萌には妥協したくない(だからいきなり何言っているの)


そんなわけで。

今日も今日とて万次さんに萌燃語りしますよ。

ただの真面目な語りとふざけた語りちゃんぽんで。

いつものようにネタバレありますよー
------------------------------------------------------------

 

mg-22.jpg

 
mg-28.jpg

 
mg-27.jpg

 


あんにゅい


万次さんのあの頭どうなっているんでしょうか。
結構ワイルドと言いますか雑と言いますか←
そして今頃ですけどこの映画ほぼ全員当てはまりますけれど万次さん特に
この服着こなすのとても難易度高いと思うのですよね。どうなっているんでしょうか…っ
先日映画のパンフ全部読み終わったのですけれど万次さん手だけじゃなくて足も汚くて萌えました←


 
mg-30.jpg

 


このシーン「全然悪いと思っていない」感じが原作の万次さんぽくて好き(*'ω'*)


mg-29.jpg


 

ラストの天津さんとの闘い、足への太刀を飛んで避けるのが好きです。
この絵はイメージ映像(いい加減な記憶だけが頼り)ですけれど室内だったのでこんなにカッコよく高く飛んでいなかったと思います←
というか万次さん避け方がわりと全体を通してかっこ悪いのですがこの「当たらなければ良い」感が大好きですよ私(∩´∀`)∩

 
mg-23.jpg

 


他所のレビューで凛ちゃんへ俺の背中云々なシーンが女性の方の萌ツボついているようなのをちらほら見かけたのですが、
これはたしかに萌えますよね。万次さんの不器用な優しい表現だ…!
そして個人的にはここ凜ちゃんへもそうなんだけど万次さん単体萌燃派(なにそれ)の自分としては
万次さんが凛ちゃんに頼られて、求められて(ていうとなんが語弊があるな語彙力不足ごめんなさい)孤独から
少しだけ抜け出した感に萌えるんですよ…!!!!!!
万次さん不死身になってから独りになって。勿論その間に何人かの方と用心棒の関係になってたと思うのですけれど。
多分こういう守って守られの関係は凛ちゃんが初めてだと思うんですね。妹さんの件もあって。
だから俺の背中云々での万次さんのあのなんとも言えない表情萌えますよね(*´ω`)この人なんでこんなに不器用なのかしら…。



 
mg-24.jpg


 

あと万次さんに黄金蟲当たるシーンが笑って良いシーンか今までわからなかったのですけれど(上映中笑いがあったけど)
当たる事よりも凜ちゃんの修行の成果が出た初めての相手が万次さんだったのではという疑惑が出たら笑いが止まらなくなった深夜です。
おもしろカッコいいぜ万次さんっ!!やばいどうしようなんだか急にお馬鹿映画に思えてきて愛おしい。
 
mg-26.jpg

 


そして片目で振り向きざまでものっそい速さでピンポイントで黄金蟲当てに行く万次さんは器用だと思いました。
万次さんなんだかんだ色々と器用ですよね生き方はとても不器用なのに…。もうなんていう属性だよ万次さん。
万次さんずっと何十年間も言葉や立ち振る舞い等で激闘激闘してきたからたまにはしばらく体を労わって幸せになって欲しいわ
でもこの方きっと周りがそうさせないだろうし本人も戦うんだろうなぁ。本当に死ねない人なのでしょうね。何の話かって万次さんの話ですよ。




万次さんの好きなセリフに「あぶねぇなぁ」っていうのがあるのですけれど映画序盤の「あぶねぇなぁっ!」(怒りを込めて叫ぶように)とか
「あぶねぇな」(槇絵さんとの静かに声を絞り出す感じ)とか色々レパートリーたくさんあって好きです。
そして何度も言うけど一番カッコいいというか好きなのはだまればばあのとこですねあれは良い…(*´ω`)
と思ったけどラストのアレが最高においおいしびれるねぇだったあれは反則だわ…あれから存在証明流れて余韻とか何もかもバシッと斬って終わっちゃうのですよ
だからまた見たくなっちゃうんですよね。




海外での公開が次々に決まってDVDの発売は当分先になりそうですがメイキングとかカットされたシーンてんこ盛りで発売されるようにそして続編が出るように
湯島天神へ誓いを立てたい。←

posted by 惟(のぶ) at 00:00| 無限の住人

2017年05月25日

万次さん燃え語り(ネタ有)

*無限の住人の記事が増えてきた為カテゴリ分けしています。

**検索とか別のリンクから飛んできた方には申し訳ないですがここは普段は腐女のオタク日記ですm(__)m
*この記事はタイトルの通り8割がネタで出来ています。ご注意。


「この人頭おかしいな」っていう気持ちで読んで頂くの推奨です。(書いているテンション的な意味で)

*無限の住人の記事はカテゴリにまとめました。20170526_124605.jpg


財布に残っていた現存していたもの。

もう公開から一か月ですね上映時間があわなくなってきて辛いです。

初回見た時は
「ああああなんかすごいすごいグロかったわーエグイわーでもすごかったーもうお腹いっぱいだわー」と脱力して帰宅したのですけれど
翌日になってまた見たいなぁって思い二回目見て「あぁやっぱりえげつないわー痛いわー」ってなりましてまた数日後(以下略)
クセになるというか。


*ネタバレ注意

mg-18.jpg



他のキャストの方もとても原作に忠実で特に市原さんの尸良は良いゲスっぷりでした。
槇絵さんは蒔絵さんだしりんちゃん可愛いし万次さん漫画だし良かったです( ;∀;)


万次さん燃え語り(萌じゃないですよ多分)

mg-9.jpg


ちょっとこんなにハマるとは思っていなかったので適当にやっていたのですけれどおさまらないので
真剣に頑張ってみた結果(↓)

mg-16.jpg



原作にも実写にも寄せる気ないんかいヽ(^o^)丿無理でしたーすみません。
急に、万次さん50年の間に何があったんだろうかとか思いを馳せたくなりますねあの疲れた感と汚れた感とかやさぐれ感は。
(*万次さんの中の人について話すと眼とか鼻とかよりもでこのバランスっていうか全体的にパーツの配置が整いすぎやんって思いましたまる逆にむずいぞあれは)

初戦の「人間相手に〜」の件

mg-6.jpg

mg-7.jpg


始まる前に両手で刀おろして構えるのが力む→脱力→力むっていう緩急のつけ方が好きです。一秒くらいのシーンなのですけどこの時の
顔が目見開いてちょっと緊張している感じが本当に「久しぶりに人間相手」なんだなって。最後人殺しの目になるけど。

あと万次さんのアクションて斬るていうか殺す感が凄いのですね。全部殺すつもりで振っているのが。
あの、動きながらタメ作って一気に上げていくのがすごく大好きです。(語彙力)

言葉じゃー伝わんないー言葉じゃー伝わんないー(ノд-。)

ので図解にしてみました。これの6〜8の部分↓

mg-14.jpg




やっぱりー伝わんないーヽ(^o^)丿

万次さんの心と体のブレなさはなんなのかしら凄いよ万次さん燃えるわ…!

武器が良いところ2〜3種類くらいしか出ないだろうと思ったら結構すとととんって出てきてびっくりしましたそしてさりげなく回してるのが万次さんらしい。

mg-15.jpg


万次さんの手が汚くて好きだと何回も書いてますけど本当に好きだから困る。
なんていうのですかね、手つきが万次さんというか。あとどの角度でも妙に魅力的に(私には)見えて。
あと目がね、凄いんですよ、死んだ魚みたいになったかと思うと生き返ったり逆もしかりで。
なんだろうね万次さんは不死身なだけではなくて特殊能力者かあんどぅろいどか何かかもしれ(略)

mg-19.jpg

mg-4.jpg

mg-5-1.jpg

凛ちゃんを静止するときの手を開いているのとこかね、あれ万次さん目線だとやっぱり指と指の間から凛ちゃん見ているのかなそれは燃えるね!

声とか低くて「あっぶねぇなぁ」とか「しびれるねぇ」とか大人の気怠さみたいなのあって万次さん燃えた。


あと不死身だけど強いわけではないので映画の8割が殺陣としたらその内6割くらいが斬られたり痛がってばかりで。
正直かっこよくないし無様なんですけれどそれがかっこいいと言いますか、なんだろう、目が離せないがしっくりくる。

mg-20.jpg


mg-11.jpg

すみません目覚めました。(突然)

---------------------------------------------

MG-17.jpg


自分の絵心のなさよ…台無しやでこれ…
なのでスクリーンで実際の迫力ある映像おススメです。

万次さんで好きなシーンこれ。(散々殺陣殺陣言っといてそれか)

いやちょっと語らせてくれこれはクライマックス入る前に必要なシーンなのですよ映画の万次さんは自分で望んで不死身になったわけじゃないので
自分の生死感とかある意味歪んだ気持ち持っているのですよ。映画中で言葉ではっきり示すシーンないんだけど敵との闘いやふとした瞬間の眼差しで
語っているような人なんですよ。
で、この時の万次さん満身創痍で体が動けないんですけど初めて生にしがみつくんですよ凛ちゃんという生き甲斐というか凛ちゃんに生を見るというか(語彙力)
そこを指摘されて肯定も否定もせず「うるせぇ」ってアップですごく生きたい目しながら言うの。
あれ傍から見るとすごくみっともなくて無様でカッコ悪いかもしれないけれど私は大好きですあの万次さんかっこよいすごく輝いていた萌えた。じゃない燃えた。

映画始まる前は万次さんの中の人爽やか過ぎてどないなるんかと思っていたけど
今は万次さんが万次さんしか考えられなくなりました。

ラストシーンのあれ、あれは反則だ余韻が残るとかぶつ切りとかどっちでもないとにかく
しびれるねぇみたいな。エンドロールの曲がかっこよくて最後までテンション上がりっぱなしになります。
あぁもうすぐスクリーンで見れなくなるのね…( ;∀;)

 
mg-22.jpg

屋根上る前はあれはどうやったのでしょうか周囲の様子を確認して1人颯爽と上ったのか
中々上れなくてあたりの物とか足場にしながらめんどくせぇとか言いながら登ったのでしょうか





最後のあの瞬間移動だけはどうしても笑ってしまうのですけれど(映画の尺の問題)
私の中でこういうネタとして消化することにしました。

mg-21.jpg

長々とお付き合い下さりありがとうございました(∩´∀`)∩
DVD早く出ないかなぁ未公開とかてんこ盛りのやつ。

追記:フォルダ漁ったら出てきたので


 
mg-8-2-3.jpg

posted by 惟(のぶ) at 03:15| Comment(0) | 無限の住人

2017年05月14日

最後の最期の最後には

無限の住人見てたら無性に漫画描きたい病再発です。

s-1.jpg
 s-2.jpg

ここ数日アクセス数がものっそいことになっていて内心震えています(;^_^A
ありがとうございます!

拍手もありがとうございました!
posted by 惟(のぶ) at 01:39| BSR