2017年05月07日

「無限の住人」見てきました。

*無限の住人の記事が増えてきた為カテゴリ分けしています。

*検索とか別のリンクから飛んできた方には申し訳ないですがここは普段は腐女のオタク日記ですm(__)m

「無限の住人」見に行ってきました。
私は原作はある程度読んで知っている人間なので公開前の情報見ながら
大丈夫かなぁと色々思うことはあったのですが怖いもの見たさ感覚で足を運んできました。







*ネタバレ注意



結論先に言うととっても面白かったです。
「面白かった」と言ってもけして万人受けにすすめられる内容でもないのですけれど
私にとっては面白かったです。

時代物を見るのがもともと好きなので殺陣とか殺陣とか殺陣見るの好きです。
面白くてその後も足を運んで昨日は友人誘って
(グロいから誘った手前心配だったけど面白かったと言ってもらえて良かった)
見に行って。何回目だ。

友人に色々聞かれたのでおさらい。

〇主人公は不死身だけど無敵ではない。むしろ弱い方です。不死身だけど刺されたり切られたら痛いです。ただ死なないだけ。
〇映画では血がぶしゃーとか手首ぽーんとか足がぽーんとかグロイのですが原作はもっとグロくてエグい
〇よってターミネーターよろしく不死身の主人公がばっさばっさと無双していくというイメージで映画を見ると戸惑うと思います。


というわけで。以下感想です。


冒頭がモノクロから始まります。
主人公が不死身になるまでの件。この時の殺陣がすごくかっこよくて好きです。
片目を失い手首から先ごろんごろんでそれでも突っ込んでいく万次がほんまに鬼気迫るんですよ。

原作30巻を映画で二時間ちょいでやるのですごい勢いで話は進みます。
えぇもうこの敵あれもうこの人という勢いです7〜8割くらいは殺陣していたと思います。
原作のあのシーンとかこのシーンとか結構忠実に再現していたと思います(∩´∀`)∩

個人的に一番好きなのは万次VS槇絵。彼女は原作でも最強なのでどうかなあと思ったのですが
はい槇絵は槇絵でした強かった良かった( ;∀;)
戸田さんの体すごい細くて原作の槇絵のようだけどもう少しふっくらされても良いんじゃないかと心配しました。


話の内容についてですがなんというか変に感動させようとすることがないので個人的には良かったと思います。(いやまぁ原作がね…)
と書くとなんかスッカラカンなのかと思われそうなので少し。

自分の命より凛の命のほうが大事なのかって話でそんなのどうでもいいんだよおおおおおお!!!っていう万次さん好き。

そんなこんなで二時間ちょい全力疾走な映画でした。
全力疾走なので元気じゃないと見れないけど見ると元気になるそんな映画。
ラストの万次のセリフから主題歌流れながらエンドロール。主題歌かっこ良いんですけど何アレ最後の最後でまたテンション上がるじゃないですかもう。


そんなこんなでグロいけどどことなく中毒性あるというかダメな人にはダメで好きな人にはたまらないんだろうなと思いました。

あと今回エンディングで木村さんの名前が出た時にあぁそうだった木村さんだったとハッとして。
原作の実写化って原作知っている人から賛否両論あると思うのですけど木村さんの万次は万次でした。私はこの万次ありだなぁと思いました。
片目で万次の武器で戦うってハードル高いのにアクション見て凄いなぁと目力すごいなぁ目力大事だなぁと思いました。
「なんで黙って刻まれた」というシーンとその後のなんとも言えない寂しそうな顔が好きです。
あと声良い声してるなぁと思いました。槇絵に刺されたときの声とか本当に痛いとこんな声になるよねぇとか色々発見したり。痛そうなのがほんまに痛そう(語彙力破壊)
ほどんどやられっぱなしで弱いしボロボロなのになんでこんなにカッコいいんだ不思議だ。



最後にちょっと突っ込み


二時間だから仕方ないけどそれでもあの瞬間移動みたいな速さは笑った。

また機会があったら見に行きたいし原作読み直そう(∩´∀`)∩


mugenn.jpg

すみません出来心ですm(__)m


*追記
萌語りはこちら
燃語りはこちら



posted by 惟(のぶ) at 23:17| 無限の住人