2016年03月31日

*瀬戸内の緊縛萌えについて@

タイトルのまま。


たぶん今までの記事の中で一番長文になると思いますこれ。


だから折りたたみますよ。renn.jpg

なんとなくワンクッションに真面目な絵を置いておきます。
簡単に説明すると私は変態ですっていう言い訳です。


まず最初に私は文章を書くのが苦手です。
しゃべるのも得意ではありません。
なのでブログの記事も本のあとがきもピクシブのキャプションも味気ないというか
あんまり良い文章書けていません自覚はあります。
萌えはに描いているものにぶつけているというかぶつけていたい人間。
基本的に引きこもり気質です。

なんの話だったけ、はい緊縛語り。
今まで出した個人誌4冊あと特殊嗜好合同誌2冊その他今まで描いていたやつあからさまのから
控えめのままでの毛利の緊縛描写はたぶん十割打者です。(∩´∀`)∩わー。

でもこの性癖はあくまでも毛利単体のみです。信じてもらえないだろうけど!!!!

本題。

まず毛利が負けるっていうのが美味しいと思います。(何)
智将が戦で負けるって策に溺れるにしても力で押し切られるにしてもおいしいですよね。
気高い方なので普段綺麗にまとまっている分敗戦の将として「ぞんざいに」扱われるのが美味しいです。
状況的には結構痛めつけられてるのが好きです。違うんだ聞いてくれ

「どんだけ心身痛めつけられても屈服しない毛利」が好きなんだこれ重要今度テストに出るよ。

なんていうかお前にはこれがお似合いだなんてひどい残飯置かれても生きるためなら
なんとも思わないぜって不自由な体で犬食いする毛利とか好きです。

すみません変態です私。

元親。

元親は毛利捕らえる側でも助けに来る側でもどちらも美味しいと思います。
自分が描いてるのだと後者の方が多いかなぁ、前者も描くけどそれはサイトの裏にわりと。うん。
後者の場合あれだよ「すっげぇ気に食わないやつに助けられてばつがわるい毛利」が好きです。

でも元親そういうの無沈着だからなに意地はってんだあんたって言うんですよ。
かといって(自分の描く)元親もシャイというかそこまで中に入ってくるわけじゃなので
ぶっきらぼうに優しさかけるんですよあぁもどかしいねこの二人。
なんとかしたくなりますよね本当にでも一番なんとかしなきゃいけないのは私の頭だと思います。hbgj.jpg






posted by 惟(のぶ) at 23:42| BSR